ryo’s blog

日々学んだことをまとめています.

Rails チュートリアルを完走した

はじめに

今月からRailsを用いた開発に携わることになったので、かの有名なRails チュートリアルに取り組んでみました。 大体かかった期間は1ヶ月です。

内容

TwitterのようなSNSアプリケーションの開発を通して学びます。

MVCモデルとはなんぞやというところから始まり、少しずつステップアップしていくことができます。

ソースコードは全て記載されているので、文法などを学びつつ写経(or コピペ)して進めていきます。

感想

率直な感想としては、Webアプリケーション開発の基礎を学ぶのにとても良い教材だと感じました。

その代わり分量がかなり多いので、完走するぞ!というモチベで取り組まないと途中でやめてしまう気がします。

また手取り足取り教えてくれるので、自分で考えて課題解決しながら学んでいきたいという方にも向いていないかもしれないません。

個人的には、これまでC言語C++などでCUIのみで動作するプログラムの開発を行うことが多かったので、楽しみながら学習することができました。

事前にRubyの文法について学習していたので、文法面では大きく戸惑うことはありませんでしたが、HTML、CSSに関してはかなりなんとなくで進めていました。。

テスト駆動開発をベースに進めていくので、開発手法も学ぶことができて、今後に繋がる良い学習となりました。

今後取り組む方へ

完走してみて重要だなと思ったことは、

  • 1周目はざっくり理解でサクサク進める。
  • なるべく時間は空けずに進める。

この2点です。

分量がかなり多いので、全てを1周目に理解しようとするとかなりの時間がかかります。
気になった点があれば調べても良いと思いますが、なるべくサクサク進めてしまった方が良いと思います。

私自身、現在2周目に入っていますが圧倒的に内容が頭に入ってきている気がします。
なんとなくで進めていたところも2週目となると理解できるようになってくるのでオススメです。

また時間を空けてしまうと、嫌になって挫折してしまうかもしれないので、ぜひ短時間で進めることを意識してみてください。

おわりに

Webアプリケーション開発の基礎的な部分が学べて良かったです。復習しつつ理解を深めていこうと思います。

これが無料で見れるのは激アツだと思うので、興味ある方はぜひ試してみてください。